お問い合わせはこちら

父を許すではなく、いとおしく思えた

H.N様60代男性

これまで、なぜ「無い」と云うのか意味不明でしたが、フックになる言葉だと聞いてなるほどとガテンがいきました。

前回の天使でペットににわとりを食べた父に対するにくしみがいやされているのが確認できましたし、これまで「父がにわとりを殺して食べた。」から「にわとりが父の命をつないでくれた。」と感じられるようになりました。

父を許すではなく、いとおしく思えたのは自分でも驚きでした。

真我瞑想おそるべしです。

習慣化できるよう心がけます。