お問い合わせはこちら

人間関係【子育て】

人間がもって生まれたものを、
自然に出せるようにしてあげる。

親たちは、うつ病になったり、引きこもったりしているわが子を見て、その子にとっての問題だと思っている方がいますが、まずはほとんどが親の問題、そして、さらにその親の問題、つまり遣伝の問題なんです。

ところが、ほとんどの親たちは、そのことに気づいていません。だから、親も先生も誰も解決策が見当たらないんです。

花が自然と咲くのは、神の意志に沿うということ。 それと同じですよ。

人間がもって生まれたものを、自然に出せるようにしてあげる。それを本人が気づかなかったら、気づかせてあげる。

導いてあげる。
手助けしてあげる。
後ろからそっと押してあげる。

これこそが本当の教育です。

いま、ほとんどの親たちが、そのやり方がわからないでいます。

わからないから、せっせと上から被せるやり方ばかりしている。

「あなたはこうしなさい」、「こうならなきゃダメ」というように、親たちが子どもに強要している。 そうやって上から被せられると、子どもたちは折角伸びようとしても、それ以上は伸びようがないんですね。

枠から伸びないだけならまだしも、今度は逆に縮んでしまう子どもたちがいるんです。 それがうつ病だったり、引きこもりになったりする。

元気のいい子どもは、その枠の中にいるのが嫌になって、表に出て爆発します。それが不良です。 だから、不良というのはまだ元気があるだけいいんですよ。

それで、じつは親が救われているんです。 そのことを親がわかっていませんけど……。 だって、家から出られない子どもより、そのほうが親ははるかに楽でしょう。

子育てにとっての太陽とは、
両親の夫婦仲がよいということです。

子育ての基本を、花を咲かせることになぞらえると、ちょうどこんなふうになるでしょう。

花をきれいに咲かせるためには、太陽と、土と、水と、肥料が必要です。 まず、子育てにとっての太陽とは、両親の夫婦仲がよいということです。 これが最高のエネルギーになります。

そして、土は先祖です。 先祖を大切にすれば、土壌は豊かになります。

水とは、親が自然にふるまうことです。
包み隠さず、何でも話し合えること、嘘をつかないことです。
仲のよいふりをするんじゃなくて、正直になるということです。
だから、ときには家族会議をして、お互いに話し合うのがいいでしょう。

そうすれば、きれいな水を与えることになります。

子どもたちは、その太陽の光の中で
自由に飛びまわることができます。

最後に、肥料とは、褒めてあげるということです。

たとえ失敗しても、失敗のメリットをちゃんと教えてあげて、褒めてあげることです。
これだけのことをやれば、後は放っておいても、子どもは立派に育ちます。

基本的にこういう問題を解決できるのは、全部愛しかないんです。
ただし、愛にも執着の愛と放つ愛があります。ここで必要なのは放つ愛です。

執着の愛というのは、「この子は、私の子どもなんだから」と、自分のほうに取り込もうとする愛のことです。 放つ愛というのは、太陽のようにパアーッと与えているだけの愛です。

そうすると、子どもたちは、その太陽の光の中で自由に飛びまわることができますよね。

そういう姿が一番理想なんです。出典:「あなたの悩みは一瞬で消せる」佐藤康行