お問い合わせはこちら

人間関係【悩みの正体】

「悩み」の正体は何でしょうか?

「悩み」というのは、いかに「自分自身の心のあり方が間違っていたか」ということを教えてくれる信号なのです。

心のことがキチッとわかって、「心の法則」どおり生きていれば、あなたは絶対に「悩み」など持たない人生を送ることができるはずです。

ですから、何か「悩み」があるなと感じたら、心の中に何か間違っていることがあるんだ、ということを明確に知ることです。

法則どおり生きたら、一切、「悩み」はこの世からなくなるのです。
何か間違っているというのは、たとえば「自分の都合だけの自己防衛」や、「他人のことは一切知らない、自分のことしか考えない」と言ったエゴイズムがベースとなった「生き方」のことです。

そのことを教えてくれる信号が「悩み」の正体です。

嫌いと思っていた自分を
恥ずかしく思うかもしれません。

私たちは「幸せいっぱい、喜びいっぱいで成功していく」「豊かになっていく」ということがすでに約束されてこの世に生まれてきています。約束されて生まれてきているのに、なぜ、そのようにいかないかというと、その約束された道から曲がってしまっているからです。

非常に大きなポイントをお話しします。

それは、一つのものに「真心」を込めて、「一点集中」してやることです。
あなたが直面している課題や仕事、そこには悩みがあるかもしれません。
しかし、今あなたの目の前にあることに対処するのが、あなたに与えられた役割です。

悩みがあるときは、目の前の仕事に向かいながら、他のことが気になって、頭が混乱し、結局は何も進行せず、またその状態で悩むなんてことになりがちです。それでも、あなたに与えられている役割、そこに「一点集中」して、雑念を入れずに、「真心」込めて、最後までやりぬく。
このことを、意識してください。

ここで紹介した「法則」は、ものごとの「真理」です。「こう考えなければならない」とか、「倫理・道徳」と言った「教え」ではありません。

出典:「悩み解決「明快」答(下) 」佐藤康行